生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

雑談が苦手 ~呪いシリーズ~

  
bad_at_small_talk
\ この記事を共有 /
雑談が苦手 ~呪いシリーズ~

「はじめてのインナーチャイルドケアBOOK」でも解説しているとおり、生きづらさの理由は「偏った思考のクセ」です。(P6)
そして、偏った思考のクセの元になるのが「まちがった観念」です。(P17)

「観念」は別の言葉で、「スキーマ」や「コアビリーフ」などと言われ、あなたのインナーチャイルド(潜在意識)が頑なに信じていることです。
幼少期から知らず知らずのうちに刷り込まれてきた、周りの人たちからの「呪い」と言い換えることもできます。

今はまだ実感がないかもしれませんが、ちいさな頃にどんな言葉をかけられていたか、どんな風に扱われていたか、そんなことがおとなになってからのわたしたちに大きく大きく影響しているのです。
それはどんなに普通に育ったつもりでも。

かけられてしまった不幸の呪いを解くには、いったいどうしたらいいのでしょう?

  • 症状:雑談が苦手 自然な会話を楽しめない
  • 呪い:わたしの話はつまらない わたしは会話が下手

症状:雑談が苦手 自然な会話を楽しめない

  • 友だちや同僚との何気ない会話が苦痛
  • 話を振られても気の利いたことが言えない
  • わたしの話なんて誰も興味ないだろうと思う

テーマが決まっている会議や、仕事上のやり取りであればそれなりに話せるけれど、ただの雑談やフリートークが苦手という人は多いです。

会社にいても、就業中よりむしろ休み時間の方が苦手で、早く時間が過ぎないかなと時計ばかり見てる。

銀行とか、買い物とか、何かと用事を作って昼休みはできるだけひとりで過ごす。

そんな人も少なくありません。(大丈夫!あなただけじゃありません!w)

あとママ友づきあいとかでも、保護者会でたまたま隣になった人とうまく喋れないなんてお話はよく聞きます。

雑談って得意な人はいくらでも喋っていられるのかもしれないけれど、苦手な人にとっては本当に苦痛なんですよね~

呪い:わたしの話はつまらない わたしは会話が下手

雑談を苦手とする人は、インナーチャイルドがわたしの話はつまらない」「わたしは会話が下手」の呪いにかかってしまっているんです。

子どもの頃、

  • おしゃべり上手なきょうだいに圧倒されていませんでしたか?
  • 一生懸命話していても、途中で話を遮られたり、会話の結論を急かされたりすることはありませんでしたか?
  • 「あなたの話はわかりにくい」「なに言ってるかわからない」などと言われたことはありませんか?
  • お母さんも雑談が苦手で周りの人とのコミュニケーションに苦労していませんでしたか?

子どもの頃、話し方の注意をされたり、まともに話を聞いてもらえなかった経験のある人は、自分の会話力に自信を持てない傾向があります。

また、親自身がコミュニケーションに自信がない様子だと、子どもも同じように自信を持てなくなってしまうことがあります。

「わたしの話はつまらない」「わたしは会話が下手」と思い込まされてしまい、人と何気ない会話をするときにも、

  • ちゃんと話さなくては
  • わかるように伝えなきゃ
  • 何か気の利いたこと言わなくちゃ
  • 面白い話をしなくては
  • こんな話したらつまらないって思われる

などと自分を追い込んでしまい、緊張状態に陥ります。

その結果、かえってぎこちない話し方になってしまい、「またうまく話せなかった」と失敗経験を重ね、ますます雑談への苦手意識が高まるという負のサイクルがうまれるのです。

これはわたしの経験上ですが、雑談に自信の無いお客さまとセッションや講座でお話ししていて、本当に会話が下手な方ってお目にかかったことがないんです。

じっくりマンツーマンでお話しさせていただくと、緊張が取れてくるにしたがって、ちょっと可愛らしい部分だとかおもしろい部分が顔を出して、毎回「楽しいな」「素敵だな」って思います。

ただただご本人が「わたしの話はつまらない」って思いこんじゃっているだけで、緊張さえほどければ、雑談なんてホントは朝飯前のトークスキルをお持ちだったりもするんです。

呪いを解くには

この雑談恐怖症の呪いを解くには、「わたしは誰とでも普通に会話ができる」ということを実感できればいいわけですが、これまで何度もうまく喋れない経験をしてきた人がいきなり自分の会話に自信を持つって不可能です。

呪いを解いて誰かの前でリラックスして話ができるようになるためにはまず、インナーチャイルドケアをします。

「わたしの話はつまらない」「わたしは会話が下手」と感じていることに気づいて、それを否定せず受け入れます。

「誰かと普通に話すって緊張するよね。わたしの話つまらないんじゃないかなって不安になるよね。」「ちいさいころから話しててほめられたことなんてないもん。自信ないのも無理ないよ。」
「子どものころから否定ばかりされていたんだもの。話すのが怖くなるの無理ないよ。」

という具合に経験に合わせて、インナーチャイルドの気持ちにしっかり寄り添って癒します。

インナーチャイルドが癒されてくると、到底受け入れられなかった「わたしは誰とでも普通に会話ができる」がだんだんと理解できるようになっていきます。

潜在意識で握り締めている不幸の呪いを解くには、インナーチャイルドケアが必要なんです。

気の利いたことなんて言えなくても大丈夫。

リラックスできるようになったら、きっとあなたも雑談を楽しめるようになりますよ^^

インナーチャイルドケアを詳しく学んでみたい人は、こちらへどうぞ。

インナーチャイルドケア入門講座

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.