生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

「ないたっていいよ。」 #21 インナーチャイルドケアminiレッスン

  
cry_as_much_as_you_want
\ この記事を共有 /
「ないたっていいよ。」 #21 インナーチャイルドケアminiレッスン

Lesson #21

今週の声掛けは、「ないたっていいよ。」です。

ケアの仕方

身体のどこか(たとえば胸のあたり)に手を当てて目を閉じ、自分の内側に意識を向け、あなたの中にいるインナーチャイルドにこの言葉をかけてあげましょう。
※声に出しても心で思うだけでもかまいません。
※声掛けに抵抗がある方は、身体に手を当てるだけでもOKです。

解説

生きづらさを感じている人の多くは、感情の抑圧が強く、怒ったり泣いたりすることを無意識に制御してしまいがちです。
ちいさいころ、自分のありのままの感情を表現することを良しとされていなかったから、自然とコントロールする力を身に着けてきてしまったんですね。

でも、おとなだってときには泣きたくなることもある。
どうしようもなく怒りが沸いてくることもある。

感情の抑圧は、ぐるぐる思考、八つ当たり、睡眠障害、体調不良、暴飲暴食、依存症など、さまざまな問題を引き起こします。
誰にも邪魔されない安心安全な場所で、自分の感情を出すことを許してあげてくださいね。

ご注意

強度のトラウマをお持ちの方はフラッシュバックが生じる可能性がありますので、決して無理をしないでください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.