生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

サンタクロースが来なくなったワケ

    
believe_in_santa_claus
\ この記事を共有 /
サンタクロースが来なくなったワケ

注:サンタさんを信じているあなたは読んではいけません!

サンタさんはいつまでくる?

みなさんのところに、サンタクロースが来ていたのはいくつのときまででしたか?

はじめから来なかったという人もいるでしょうし、中学校に入るまで来ていたという人もいるかもしれませんが、一般的には年齢が2桁になる小4のころにサンタさんの正体を知る人が多いようです。

たいていの場合、それは親から知らされるわけではなく、年上のきょうだいか、お兄ちゃんお姉ちゃんがいる友だちから垂れ込まれることになります。

わたしも4年生のクリスマスの前に、クラスのちょっとませた女の子から突然、「ねぇ、サンタさんってお父さんだって知ってる?」と教えられて、とってもショックを受けたのを覚えています。

しかも、その記憶にはさらに苦い続き話があって、家に帰ってから「お母さん、サンタさんってお父さんなんでしょ?」としつこく聞いたら、「何言ってんの!?信じてない子にもうサンタは来ないよ!」とキレられました;

母からしたら、突然のことで驚いたのと、子どもが子どもじゃなくなっちゃうようなさみしい思いがあって、思わず怒ってしまったのでしょうが、わたしとしては本当のことが知りたかっただけなので、あのときはなんだか二重のショックでしたねー

そして、サンタは来なくなった

サンタの真実を知ったわたしに、それ以降サンタはこなくなりました。

クリスマスにはプレゼントをもらったけれど、それは「サンタさん」からではなく、幼い妹のためにサンタに扮したお父さんからで、あのワクワクしてなかなか寝付けなかった興奮の夜は、二度と戻ってきませんでした。

前もってサンタさんに手紙を書いたり、入ってきやすいように二階のベランダの窓のカギをこっそり開けておいたり、夜な夜な働くサンタさんのためにツリーの下にお茶やお菓子を用意しておいたり。
そんな可愛いことをしなくても、事前に親の機嫌を損ねさえしなければ、ちゃんとプレゼントをもらえるってことがわかりました。

さらにそこから歳を重ねて、恋人がサンタクロースだったり、クリぼっちだったり。そしてわたしもサンタ役を担う側の立場になり。今は息子もサンタの正体を知ってお役御免になりました。

あの日からただの一度も「ほんもののサンタさん」はわたしのところにやってこなくなりました。

母が「信じてない子にもうサンタは来ないよ!」と言ったのは、本当のことだったのです。

信じていたからサンタは来ていた

だけど、少なくとも小3のクリスマスまでは、わたしはサンタさんの存在を心の底から信じていて、届いたプレゼントの包装紙がたとえ近所のおもちゃ屋さんの包装紙と同じだったとしても、疑うことなくそれはサンタさんがわたしのために選んでくれた唯一無二のプレゼントだと幸せな気持ちに浸ることができました。

ツインテールのあの子のタレコミで存在を疑ってしまったあの日まで、わたしの中でたしかにサンタさんは存在していたのです。

「心の底から信じていることが現実になる」とはつまり、このことです。

疑うことなく心の底から信じていさえすれば、それがその人にとっての真実なのです。

逆に、疑いを持ち信じられなくなれば、それが真実ではなくなるのです。

サンタだって、ドラえもんだって、ツチノコだって、心の底からいると思えばいるし、いないと思えばいないのです。ただそれだけのことです。

あなたは何を信じてる?

幼いわたしがサンタの存在を心の底から信じていたのと同じように、みなさんにも心の底から信じていることがあります。

心の底から信じているとは、潜在意識レベルで頑なに握りしめていること、つまりインナーチャイルドが持つ観念のことです。

たとえばインナーチャイルドが、

「わたしはいつも損ばかりする」という観念を握りしめていれば、面倒な仕事を押し付けてくる人やズルをして逃げようとする人が周りに寄ってきます。

「人はわたしを雑に扱う」という観念を握りしめていれば、恋人に浮気をされたり、友だちに裏切られたりを繰り返します。

「お金が無いと不幸になる」という観念を握りしめていれば、お金があっても無くても、いつもお金の心配がつきまとうことになります。

いくら頭(顕在意識レベル)で、「そんなことはない」と思い込もうとしても、あなたのインナーチャイルド(潜在意識レベル)がネガティブな観念を握りしめている限り、作り出される現実はネガティブなものにしかならないのです。

あなたの今目の前に広がっている現実こそが、あなたのが潜在意識レベルで信じ込んでいることなのです。

理性では到底そうは思えないようなことでも、信じていなければ現実にはなりません。

それはあの日のわたしたちにサンタさんがいたのと同じことです。

不要な観念を手放す

もし、あなたが今の現実を変えたいのだとすれば、インナーチャイルドが握りしめているネガティブな観念を手放しすしかありません。

「わたしはいつも損ばかりする」「人はわたしを雑に扱う」「お金が無いと不幸になる」

このようなあなたを不幸に陥れる不要な観念を見つけ出して、それを書き換えていく作業が必要になります。

どんなに頭でこねくり回しても現実は変わりません。
どんなに誰かを変えようと必死になっても現実は変わりません。

現実を変えるためには、顕在意識ではどうにもならないのです。

潜在意識レベルで握りしめている観念を書き換えるしかなく、その方法がインナーチャイルドケアです。

不要な観念を信じ込むことになった幼少期の心の傷を癒し、新しい観念に書き換えていくしか、現実を変える方法はありません。

それはたしかに大変な作業だけれど、でも、物理的に何かを変えようとするよりはうんと簡単です。

あの日子どものわたしがサンタさんを信じなくなったのと同じように、あなたのインナーチャイルドが頑なに信じていることがちがうとわかれば、現実は変わっていきます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2023All Rights Reserved.