生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

人の役に立たなければ ~呪いシリーズ~

  
wanna_be_a_helpful_person
\ この記事を共有 /
人の役に立たなければ ~呪いシリーズ~

「はじめてのインナーチャイルドケアBOOK」でも解説しているとおり、生きづらさの理由は「偏った思考のクセ」です。(P6)
そして、偏った思考のクセの元になるのが「まちがった観念」です。(P17)

「観念」は別の言葉で、「スキーマ」や「コアビリーフ」などと言われ、あなたのインナーチャイルド(潜在意識)が頑なに信じていることです。
幼少期から知らず知らずのうちに刷り込まれてきた、周りの人たちからの「呪い」と言い換えることもできます。

今はまだ実感がないかもしれませんが、ちいさな頃にどんな言葉をかけられていたか、どんな風に扱われていたか、そんなことがおとなになってからのわたしたちに大きく大きく影響しているのです。
それはどんなに普通に育ったつもりでも。

かけられてしまった不幸の呪いを解くには、いったいどうしたらいいのでしょう?

  • 症状:自分のことは後回しにしてでも他人の役に立とうとする
  • 呪い:役に立てなければ価値がない

症状:自分のことは後回しにしてでも他人の役に立とうとする

  • 困っている人がいると放っておけない。
  • 人の役に立ち感謝されることがよろこび。
  • 人に頼ることが苦手。

人に頼るのが苦手という点においては、「人に頼ってはいけない」の呪いにかかっている人と同じですが、「人に頼ってはいけない」の呪いの人が人に頼られることを嫌悪するのに対して、こちらの呪いの人は自分が人に頼られることはよろこびです。

▶参考:人に頼れない ~呪いシリーズ~

そのため、自分がどんなに仕事を抱えていようと困っている人がいると放っておけず手を差し伸べたくなってしまいます。

特に、自分が好かれたい相手や認められたい相手には、トコトン尽くしてしまいます。

自己犠牲をしてまで誰かの役に立とうするので、気づけば自分だけが大量の仕事を抱え込んでいるなんてことにもなります。

それでも「ありがとう」とか「〇〇さんがいて助かる」なんて言われると、苦労が報われた気がして満たされるので、また次も引き受けてしまうというループに陥ります。

呪い:役に立てなければ価値がない

自己犠牲をしてまで人の役に立とうとしてしまう人は、インナーチャイルドが「役に立てなければ価値がないの呪いにかかってしまっているんです。

子どもの頃、

  • 親に認められようとお手伝いをがんばっていませんでしたか?
  • 家族の中でしっかり者として振舞っていませんでしたか?
  • お母さんが自己犠牲的で、いつも家族に尽くしてばかりではありませんでしたか?

子どもの頃に人の役に立つことで承認されてきた人は、おとなになってからも人の役に立つことで自分の存在価値を示そうとしてしまいます。

また、お母さん自身が自己犠牲的で家族のためにがまんをしている姿を見て育つと、自分も同じように振舞おうとしてしまいます。(尽くす女になりがち。)

人の役に立つことがすばらしいことで、人の役に立てないことは価値がないこと。

そんな風に思い込んでしまっているので、「自分がいちばん大変な状態」がどこか安心なのです。

そして人の役に立っている実感が欲しくてたまらないので、尽くして感謝されないと「やってもらってあたりまえと思ってる」なんて怒り出したりもします。

この自己犠牲の沼から這い出さない限り、苦しい承認欲求は延々と続いてしまい、自分だけが損をするという状況のまま、いつまでたっても自分の人生を生きることができません。

ちなみに、この呪いにかかっているのは、アダルトルドチルドレンの中でもケアテイカータイプが圧倒的に多いです。

▶参考:ケアテイカータイプのトリセツ

呪いを解くには

この苦しい呪いを解くには、「役に立てなくても自分には価値がある」ということを実感できればいいわけですが、人の役に立つことで自分を満たしてきた人がいきなり人の役に立つことをやめるのは難しいことです。

呪いを解いて役に立たなくても大丈夫だと思えるようになるためにはまず、インナーチャイルドケアをします。

「役に立てなければ価値がない」と感じていることに気づいて、それを受け入れ癒します。

「ずっと人のためにがんばってきたんだもんね。尽くすのをやめたら必要とされなくなるんじゃないかって怖いんだよね。」とインナーチャイルドの気持ちにしっかり寄り添って癒します。

インナーチャイルドが癒されてくると、到底受け入れられなかった「役に立てなくても自分には価値がある」がだんだんと理解できるようになっていきます。

潜在意識で握り締めている不幸の呪いを解くには、インナーチャイルドケアが必要なんです。

人からの承認を必要とするということは、それだけ自分で自分の価値を認めていないことの証なので、まずは自分で自分の価値を認めてあげることが大切なんですね。

インナーチャイルドケアを詳しく学んでみたい人は、こちらへどうぞ。

インナーチャイルドケア入門講座

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.