生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

人に嫌われるのが怖い ~呪いシリーズ~

    
scared_people_hating_me
\ この記事を共有 /
人に嫌われるのが怖い ~呪いシリーズ~

「はじめてのインナーチャイルドケアBOOK」でも解説しているとおり、生きづらさの理由は「偏った思考のクセ」です。(P6)
そして、偏った思考のクセの元になるのが「まちがった観念」です。(P17)

「観念」は別の言葉で、「スキーマ」や「コアビリーフ」などと言われ、あなたのインナーチャイルド(潜在意識)が頑なに信じていることです。
幼少期から知らず知らずのうちに刷り込まれてきた、周りの人たちからの「呪い」と言い換えることもできます。

今はまだ実感がないかもしれませんが、ちいさな頃にどんな言葉をかけられていたか、どんな風に扱われていたか、そんなことがおとなになってからのわたしたちに大きく大きく影響しているのです。
それはどんなに普通に育ったつもりでも。

かけられてしまった不幸の呪いを解くには、いったいどうしたらいいのでしょう?

  • 症状:人に嫌われるのが怖い。
  • 呪い:わたしは人から嫌われる。

症状:人に嫌われるのが怖い

人に嫌われるのっていい気がするものではないですよね。

できれば嫌われたくない。それはめっちゃわかります。

でも、「嫌われたくない」が強すぎると、自分の意見が言えなくて相手に過度に同調してしまったり、あちこちでいい顔して八方美人になったり。本当はやりたくない役目ばかりをやらされたり・・・。

で、自分の気持ちを言えない自分にまた落ち込んでみたり・・・。

そんな悪循環に陥ってしまいますよね。

呪い:わたしは人から嫌われる

嫌われることをひといちばい怖がる人は、インナーチャイルドが「わたしは人から嫌われる」の呪いにかかってしまっている可能性があります。

子どもの頃、

  • きょうだいや周りの人に比べてなんとなく「わたしはお母さんに嫌われている」と思ったことはありませんでしたか?
  • お母さんの機嫌が悪くて、「怒らせたら嫌われてしまう」と怯えていませんでしたか?
  • お母さん自身が周りを警戒して嫌われないように細心の注意を払って生きていませんでしたか?

お母さんはちいさなあなたにとって命綱。

子どもは大好きなお母さんに嫌われたら生きていけないと本気で思っているので、「嫌われる=死ぬほど怖い」のです。

また、お母さん自身が周りへの警戒心が強いと、知らないうちに自分も他者を警戒するようになります。

こんな恐怖を体感しながら育つと、「わたしは人から嫌われる」の呪いにかかってしまいます。

そしていつでも周りを警戒して嫌われないように生きようとしてしまいます。

やたら気を遣って、無理して笑って、嫌なこともぜんぶ引き受けて。

そんなのってしんどいですよね><

呪いを解くには

この苦しい呪いを解くには、「わたしは人から嫌われない」ということを実感できればいいわけですが、生きづらさを感じている人がいきなりこれを日常で感じようと思ってもうまくはいかないものです。

また、「人に嫌われているかどうかなんて気にしなくてもいい」「嫌いたいヤツは嫌えばいい」こんな風に力業で自分の思考を変えようとすることは逆効果です。

呪いを解くためにまずは、インナーチャイルドケアをします。

「人の嫌われるのが怖い」と感じていることに気づいて、それを受け入れ癒します。

「人に嫌われるのが怖いんだね。ずっとずっと怖かったんだね。」とインナーチャイルドの気持ちにしっかり寄り添って癒します。

インナーチャイルドが癒されてくると、到底受け入れられなかった「わたしは人から嫌われない」がだんだんと理解できるようになっていきます。

潜在意識で握り締めている不幸の呪いを解くには、インナーチャイルドケアが必要なんです。

インナーチャイルドケアを詳しく学んでみたい人は、こちらへどうぞ。

インナーチャイルドケア入門講座

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.