生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

後悔ばかりしてしまう ~呪いシリーズ~

  
regretful_days
\ この記事を共有 /
後悔ばかりしてしまう ~呪いシリーズ~

「はじめてのインナーチャイルドケアBOOK」でも解説しているとおり、生きづらさの理由は「偏った思考のクセ」です。(P6)
そして、偏った思考のクセの元になるのが「まちがった観念」です。(P17)

「観念」は別の言葉で、「スキーマ」や「コアビリーフ」などと言われ、あなたのインナーチャイルド(潜在意識)が頑なに信じていることです。
幼少期から知らず知らずのうちに刷り込まれてきた、周りの人たちからの「呪い」と言い換えることもできます。

今はまだ実感がないかもしれませんが、ちいさな頃にどんな言葉をかけられていたか、どんな風に扱われていたか、そんなことがおとなになってからのわたしたちに大きく大きく影響しているのです。
それはどんなに普通に育ったつもりでも。

かけられてしまった不幸の呪いを解くには、いったいどうしたらいいのでしょう?

  • 症状:後悔ばかりしてしまう
  • 呪い:わたしの選択は間違っている

症状:後悔ばかりしてしまう

  • 自分で選んだあと、これで良かったかな?と何度も思う。
  • やっぱりあっちにすればよかったと後悔することが多い。
  • 他の人が選んだものの方がいいものに思える。

生きづらさを抱える人の中には、自分が選んだ道がまちがっていたのではないかと後悔ばかりしている人がいます。

「あのとき仕事を辞めなければ」「あのとき彼と別れなければ」「あのとき家を買っておけば」「あのタイミングで株を売っていれば」

そのときにいろいろ悩んで決めたことでも、自分の選ばなかった道の方が正しかったんじゃないかといつも後悔してしまう。

そして、自分が選ばなかった道で得している人を見ると悔しくて仕方ない。

「本当はわたしがそっちにいるハズだったのに!」と罪もない人を恨めしい気持ちで睨んでたりする。

呪い:わたしの選択はまちがっている

自分で決めるのが怖い人は、インナーチャイルドが「わたしの選択はまちがっているの呪いにかかってしまっているんです。

子どもの頃、

  • 自分で選んで失敗すると「言うとおりにしないからだ」などと責められませんでしたか?
  • 自分で選ぼうとすると「そんなことはムリに決まってる」などと否定されたりしませんでしたか?
  • 要領のいいきょうだいばかりが得をして、いつも損をした気分になっていませんでしたか?

子どもの頃に自分の選択を否定されたり非難されたり、自分ばかりが損をするという体験を繰り返すと、自分で決めたことを後悔するようになってしまいます。

後悔しているご本人は、自分のあのときの選択がまちがっていたから今大変な目に遭っているのだと本気で思っていますが、たいていの場合そんなことはありません。

ただ単に選ばなかった方の良い面ばかりが目につき、選んだ方の悪い面ばかりが目に付いているだけです。隣の芝生は青いってやつです。

認知のゆがみでいうところの、「双眼鏡のトリック」※です。

※アメリカの精神科医デビット・D・バーンズさんは、ものごとや人物を本来の大きさではなく、凸レンズを通して見るように拡大したり、逆から凹レンズを覗くように縮小したりして見るようになる認知のことを「双眼鏡のトリック」と名付けました。

ものごとには必ずいい面も悪い面もあります。たとえ短期的に見ればマイナスなことでも、その経験が後にプラスに転じることだってあります。

また、今回は損をしたとしても得をしたことだってあるはずです。

周りの人ばかりが得しているように考えていると、自分に起きたラッキーを見過ごしてしまいます。

いつも損をしている気分の人は、ちいさいころから身に付けてきた思考のクセで、フラットな視点を持てなくなってしまっているだけなのです。

この厄介な思考のクセを手放さない限り、一生愚痴や不満だらけの人生を送ることになってしまいます。

人をうらやんで、自分の不幸を嘆いて生きてくなんて、めっっっちゃつまらないと思いませんか?

呪いを解くには

この苦しい呪いを解くには、「わたしの選択にも良い面はある」「わたしの選択がまちがいとは限らない」ということを実感できればいいわけですが、急に思考のクセを変えようと思ってもなかなかうまくはいかないものです。

呪いを解いて、自分の決めた道を信じて進めるようになるためにはまず、インナーチャイルドケアをします。

選択を後悔し、「わたしの選択はまちがっていた」と感じていることに気づいて、それを受け入れ癒します。

「そっか。選んだ道がまちがってたと思ったんだね。もうひとつの方を選んでおけばよかったって思ったんだね。悔しいんだね。わかるよ。」とインナーチャイルドの気持ちにしっかり寄り添って癒します。

インナーチャイルドが癒されてくると、到底受け入れられなかった「わたしの選択がまちがいとは限らない」がだんだんと理解できるようになっていき、自分の選択に後悔することが少なくなっていきますよ。

潜在意識で握り締めている不幸の呪いを解くには、インナーチャイルドケアが必要なんです。

自分の選択に後悔してしまうのは、幼いころに物事のいい面を見ることを教えられなかったからです。

今いるその場所だってあなたが思っているほど悪いことばかりじゃないはずです。

ひとつだけでもいいところを見つけてみてくださいね。

インナーチャイルドケアを詳しく学んでみたい人は、こちらへどうぞ。

インナーチャイルドケア入門講座

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.