生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

ふつうがいちばん!みんなとおなじでいたい ~呪いシリーズ~

    
mediocre_person
\ この記事を共有 /
ふつうがいちばん!みんなとおなじでいたい ~呪いシリーズ~

「はじめてのインナーチャイルドケアBOOK」でも解説しているとおり、生きづらさの理由は「偏った思考のクセ」です。(P6)
そして、偏った思考のクセの元になるのが「まちがった観念」です。(P17)

「観念」は別の言葉で、「スキーマ」や「コアビリーフ」などと言われ、あなたのインナーチャイルド(潜在意識)が頑なに信じていることです。
幼少期から知らず知らずのうちに刷り込まれてきた、周りの人たちからの「呪い」と言い換えることもできます。

今はまだ実感がないかもしれませんが、ちいさな頃にどんな言葉をかけられていたか、どんな風に扱われていたか、そんなことがおとなになってからのわたしたちに大きく大きく影響しているのです。
それはどんなに普通に育ったつもりでも。

かけられてしまった不幸の呪いを解くには、いったいどうしたらいいのでしょう?

  • 症状:周りの目を気にして、自分がはみでていないかチェックする
  • 呪い:普通でなければ愛されない 変なことをすると嫌われる

症状:周りの目を気にして、自分がはみでていないかチェックする

  • 何かを決めるとき、周りの人が何を選ぶかを確認する。
  • 「変じゃないか」を常に気にしている。
  • 出る杭にならないように細心の注意を払っている。

生きづらさを抱えている人の中には、人と同じでないことに不安を感じる人が多いです。

日本は、子どものころから園や学校の集団主義で育てられ、人と同じことを良しとする同調圧力の中で暮らしてることが多いので、多くの人ができるだけ「普通」であろうとします。

中でも、人とちがうことに強い不安を感じるタイプの方たちは、常に周囲の様子を気にして、自分が変なことをしていないかに注意を払っています。

何を選ぶにも、自分がどうしたいかは後回しにして、みんながどれを選ぶのかをじっくり観察した後に、平均的で「無難」な選択をします。

そんな人の共通点は、自分が本当にどうしたいのか、自分は何が好きなのかがわからなくなってしまっていることです。

逆に、人と同じことが不安な人の記事はこちら。
▶ふつうはイヤ!変わっていると言われたい ~呪いシリーズ~

呪い:普通でなければ愛されない 変なことをすると嫌われる

こんな風に、人と同じでなければ不安な人は、インナーチャイルドが「普通でなければ愛されない」「変なことをすると嫌われる」の呪いにかかってしまっているんです。

子どもの頃、

  • お母さんに「普通にしなさい」「変なことしないでちょうだい」などと言われることが多かった。
  • 親がいつも世間体を気にしてばかりいた。
  • 自分や家族の容姿・言動で周りから好奇の目を向けられることがあった。

子どもの頃、周りのおとなが人の目を気にしている様子を見ていると、自分もそのようにしなければならないと思うようになります。

また、子どものころに人から好奇の目で見られる経験をしていると、ふたたびそのような目に遭わないように警戒するようになります。

いつも周りの人の顔色を伺いながらできるだけ「普通」で「無難」な選択をしているため、おおきく道から外れることもありませんが、やりがいや生きがいを感じることは難しくなります。

また、本当はできることでも出る杭にならないようにおとなしくしていたり、本当は苦手なことでも歯を食いしばってこらえてしまったりするので、周りの人から強みを理解されず、実力を発揮することができません。

その結果、なんだか味気ない人生を送ることになってしまいます。

仕事や家事・育児に忙殺されているときはあまり気にならなくても、ふとしたときに「わたしの人生、これで良かったのかな」「もっと何かできたんじゃないかな」という思いにさいなまれることになります。

そして、普通でいようとする人は、他人にも「普通」を求める傾向が強くなります。

  • ふつうああいうこと言わないよね。
  • 常識的に考えておかしいよね。
  • あの人非常識だよね。

こんな風に自分の常識の枠で相手の言動を見張ったり、非難したり。

しまいには直接害のないテレビやネットの向こう側の人の言動にまで、いちいちいら立ちを覚えたりします。(○○ポリス的な人たち)

さらに、このような人が親になると、自分の子どもがレールから外れることを強く恐れるため、その子が持って生まれたものを尊重できず、自分がされたのと同じように「普通」の人生を強要してしまいます。

あれダメこれダメと制約ばかりして、子どもの個性や才能をつぶしてしまいがちです。

もはや、学歴至上主義の時代でもないですし、終身雇用の時代でもないです。「普通」に生きても人生保証されているわけじゃないんですよね。

呪いを解くには

この苦しい呪いを解くには、「人とちがってもかまわない」「好きなものを好きと言っていい」ということを実感できればいいわけですが、頭ではわかっていても、いきなり「普通」を手放すのはなかなか難しく感じますよね。

呪いを解いて、自分の気持ちに正直に生きていくためにはまず、インナーチャイルドケアをします。

「普通でなければならない」の呪いを強く握り締めていることに気づいて、それを受け入れ癒します。

「そうだよね。人とちがうのは怖いよね。変な人って思われたり悪目立ちして後ろ指さされるのはイヤだよね。普通がいいって思うよね。そりゃそうだよ。子どものころからずっとそうやって生きてきたんだもん。線からはみ出ないように気を付けて生きてきたんだもん。怖くなる気持ちわかるよ。」とインナーチャイルドの気持ちにしっかり寄り添って癒します。

インナーチャイルドが癒されてくると、到底受け入れられなかった「人とちがってもかまわない」がだんだんと理解できるようになっていき、自分軸で人生の選択ができるようになっていきますよ。

潜在意識で握り締めている不幸の呪いを解くには、インナーチャイルドケアが必要なんです。

普通でいようとしてしまうのは、それだけ線をはみ出ることを認めてもらえず、怯えながら生きてきたということです。

「普通」にこだわらなくても、あなたはそのままのあなたで十分価値がある。

そのことをインナーチャイルドに教えてあげてくださいね。

インナーチャイルドケアを詳しく学んでみたい人は、こちらへどうぞ。

インナーチャイルドケア入門講座

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.