生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

【重要】なぜあなたばかりが嫌な目に遭うのか。

    
incarnation_of_mom
\ この記事を共有 /
【重要】なぜあなたばかりが嫌な目に遭うのか。

あなたを悩ますその人は、子どもの頃に出会った誰かの化身です。
この話をすると急にうさん臭さが増してしまうように思って心配なんですが、でも本当のことです。
うしろに回って、ファスナーをおろして、その正体を暴いてみてください。

あなたを悩ます人

にわかには信じがたいかもしれませんが、おとなになってからあなたを悩ます人って、子どもの頃に出会った誰かの化身です。

子どもの頃に出会ったあの人に対する感情を感じそびれてしまったから、おとなになってからなんども代役があなたの前にやってきて「感情を感じきれ~」とばかりにいろいろ仕掛けてくるんです。ホントです。

それにもかかわらず、また感情から逃げぐるぐる思考をしていると、「この程度じゃわからないのね」と、もっと強烈な人が登場します。

信じてもらえないかもしれないけれど、これめっちゃ大事なことです。

この仕組みを本気で理解して対処しないと、生きづらさはずっと付きまといます。

おかしいと思いませんか?

だいたいこれだけたくさんの人がいるのに、いつも自分ばかりが同じような目に遭うっておかしいと思いませんか?

  • なんど転職を繰り返してもパワハラまがいの目に遭う
  • どの職場に行ってもお局さんに目をつけられる
  • 引っ越すたびに騒音トラブルに悩まされる
  • 付き合うたびに浮気される
  • いつも友だちにマウントを取られる
  • どの集まりに参加しても仲間外れにされる
  • なんどもSNSアカウントが乗っ取られる

こういう目に遭ったことない人にとっては、なんで?って不思議でしかないんですが、遭う人は遭い続けます。

人に相談したところで「がまんが足りない」とか「見る目がない」とか「おおげさ」とか、さんざん言われてしまうけれど、本当の本当にこういう不幸な目に遭い続けちゃうんです。

で、そんなことを繰り返すうちにその状況があたりまえにもなってきちゃって、「わたしの人生こんなもんだ」なんて諦めてたりする。毎日を耐え忍ぶだけの人生になってる。

だけど、そろそろこの状況がとんでもなくおかしいことに気づいてください。

同じ地域に住み、同じ性別で、同じくらいの年齢で、あなただけが不幸な目に遭い続けるなんてどう考えてもおかしいと思いませんか?

チャックの中身は誰でしょう?

おかしいと思ったら、その悩ます相手の背後に回って、首の付け根あたりに注目してみましょう。

よーーーく目を凝らしてみると、そこにはファスナーがついているハズ!

ファスナーをおろしたら着ぐるみの中から誰が出てくるでしょう?

・・・

・・・

・・・

出てくるのは、きっとあなたがまだ小さかったころに出会った誰か。

ご両親か、ごきょうだいか、ご親戚か、ご近所さんか、園の先生か、、、

ウソみたいだけど、せいぜいそんなもんです。

子どもの頃に半径5mの範囲にいた誰かに、あなたは今も悩まされているのです。

目の前の上司もお局さんも同僚も友だちもパートナーも、あなたを悩ます人はみんなみんな誰かの化身。着ぐるみを着ているだけです。

「ご用事」が済んでないから、姿かたちを変えて、なんどもなんどもあなたの前に現れてくるんです。

さっさと用事を済ませちゃおう

では、その「ご用事」とはなにか?

それはたいてい、恐怖や劣等感や無価値感といった負の感情です。

子どもの頃に体験したときには直視するのが恐ろしすぎて閉じ込めてしまった感情が、あなたの中にまだ残っていて、似たような人やものごとに遭遇するたびに浮上してきているだけです。

「おぉ、ここにこんなものが残ってたのか。」

そう気づいて感情を感じきれば、現実は変わり始めます。

嫌な人や嫌なできごとへの遭遇率はびっくりするほど低くなります。

わたしだってはじめは半信半疑でしたが、実際に生きづらかった当時のわたしが抱えていた問題はすべて消えてなくなりました。

そして、何人ものお客さまがここに向き合って現実を変えてきています。

なんどもいうと余計怪しく聞こえるかもしれないけれど、ウソみたいなホントの話です。

じゃあ感情を感じきるってどうすれば?

それは感情をリアルに感じて、じっくり味わうこと。そして味わった自分を自分自身で癒すこと。

それを可能にするのはインナーチャイルドケア

いろんなお客さまと出会っていろんなやり方を考えてみたんですが、やっぱりこれしか見当たらないんです。

着ぐるみはテーマパークの中だけで十分!

そんな人たちに振り回される人生なんてもったいない!

もったいないんですよ!!!

【まとめ】
●おとなになってからあなたを悩ます人って、子どもの頃に出会った誰かの化身。
●子どもの頃に出会った誰かに対する感情を感じそびれてしまったから、おとなになってからなんども代役がやってくる。
●いつも同じような不幸な目に遭い続けるのは不自然なこと。
●自分を悩ますその人の中身は、幼少期に半径5m以内にいた人。両親・きょうだい・親戚など。
●「ご用事」が済むまで姿かたちを変えてなんでもあなたの前に現れる。
●インナーチャイルドケアで感情をしっかり感じ切り癒せば、現実は変わり始める。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.