生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

めんどくさい人になってるの気づけてる?

    
annoying_person
\ この記事を共有 /
めんどくさい人になってるの気づけてる?

一生懸命気を遣って慎重に生きているのに、なぜか周りの人に好かれない。
そんな悩みを抱えてはいませんか?
なぜ人に気を遣えば遣うほど、離れていってしまうのでしょう。

あなたはBさん?Cさん?

コロナも落ち着いてきたし、友だち同士で「そろそろランチでも行こう!」という話になり、取りまとめ役を引き受けたAさん。

ランチいつにする?
5月の候補日いくつか教えてね!
お店はおすすめのところがあるから、

わたし予約するねー^^

5月11日

とメッセージを送ってみんなからの返信を待っていました。

Bさんの返信がこちら。

・5月20日
・5月23日
・5月24日
・5月26日
ならOKだよ。
おすすめお店めっちゃ楽しみ^^ありがとー!

5月12日

Cさんの返信がこちら。

Aさん、こんにちは。ランチの日程調整してくれてありがとう。
お返事遅くなってしまってごめんなさい。最近バタバタしていてなかなかお返事できなくて・・・
お店の予約まで大変だよね。ぜんぶ任せちゃって本当にごめんなさい。わたしで何か手伝えることがあったら言ってね。といってもわたしあんまりお店とか知らないんだけど・・・
日程は、今のところ5月21日・5月23日ならOKだよ。(21日は病院にいくかも・・・)
5月25日と26日もOKだけど、その日子どもが早く帰ってくるからあんまり長居できないかも。13時半くらいには帰らせてもらうね。
それと、最近ちょっと家のことが忙しくてもしかしたら少し遅れちゃうかも。
そしたら先にはじめててください。
もし、みんなの予定が合わなかったら、みんなを優先してもらってOKです。
わたしのことは気にしないでね。

5月19日

・・・どう思います??

人間関係うまくいってない人は、圧倒的にCさんになりがち。

だいぶデフォルメして書いてますがw、きっとCさんみたいなメール送っちゃってる人たくさんいるんじゃないでしょうか?

では、BさんとCさんのちがいはどこにあるでしょう。

BさんとCさんのちがい

BさんとCさんのメッセージのちがい。

Bさん

  • 日にちを空けずに返信。
  • 周りの人の様子をうかがうことなく、自分の予定を端的に伝えている。
  • メッセージの内容はシンプル。
  • フレンドリー。

Cさん

  • 周りの様子をうかがっているため、返信までに日数がかかる。
  • 言い訳や予防線がやたら多い。
  • 文章が長くてまどろっこしい。
  • なんか湿っぽい。

Cさん的にはめちゃくちゃ気を遣って丁寧に返信しているのだけれど、受取る側の立場からすると、わりとどうでもいい情報ばかりです。(ごめんね。)

先に始めるかどうかも他の人を優先するかも、イニシアチブはCさんになくて、「そこはいいから、いつなら来れるの?早く教えて。」というのが幹事Aさんの本音。

こうして、「Cさんって悪い人じゃないけど、なんかめんどくさいよね。」という扱いになって人が離れていっちゃいます。

そのうち、自分の知らない間にランチ会が開催されていて、SNSで知ることになったり・・・

なんにも気を遣わずにさっさと返事するBさんが好かれていて、さんざん気を遣って返事をしたCさんが避けられるなんてなんだか理不尽な気もしますが、これが現実なんですよね。

「一生懸命丁寧に接してるのに、なんか人が離れていっちゃう」という人は、気を遣いすぎてめんどくさい人になってないか、要チェックです!

やたら気を遣う人の心理

ではなぜ必要以上に気を遣ってしまうのか。

それはズバリ、「嫌われたくないから」です。そうですよね?

厳しい言い方をすれば、相手のことを思いやっていると見せかけて、実は自分が「いい人と思われたい」のが本音です。

表と裏は、こんな感じ。

  • めちゃくちゃ感謝してます。(だから嫌わないで。)
  • 何もできなくてごめんね。(謝ってるから責めないで。)
  • いろいろ事情があります。(だから返信遅いのは許して。)
  • 「今のところ」って言っておきます。(だからドタキャンとかしても許してね。)

という具合に、嫌われないために必死で自己防衛をしているわけです。

こういう人は、本音と建前が極端にアンマッチなんです。

人って、潜在意識の下にある「集合的無意識」でつながっているので、裏表のある人に対してちゃんと違和感を抱くようにできています。

本音とチグハグな言動って、自分ではうまくごまかせてるつもりでも、ばっちり相手に伝わってます。

心の専門家でもない限り、「あの人自己防衛してるな」とかまでは思い至らないかもしれないけれど、「なんか不自然」「なんかめんどくさい」「なんかいけ好かない」と思われちゃいます。

嫌われたくなくて必死で気を遣ってるハズなのに、結果嫌われるってめっちゃ馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

今思えば、わたしもこれで相当たくさんの人間関係をブチ壊してきたなと思います。

当時は「なんでこんなに謙虚にしてるのに嫌われちゃうんだろう?」なんて思ってましたが、周りの人からみたら、不自然極まりない言動だったんですよね><

気を遣わなければOK?

じゃあ、もう気を遣うのをやめて、傍若無人に振舞えばいいのか?

生きづらさを抱えている人は、そうやって両極端に振れがちですが、そうではありません。

別にわがまま放題になる必要なんてないんですよ。

それに「どうぞわがままやってみてください」と言われても、いきなりは怖くてできないのではないでしょうか?

その代わりに試してみていただきたいのが、自分の感情に正直になること。

「わたし、AさんやBさんに優しくしたいわけじゃなくて、嫌われるのがめっちゃ怖いんだな。」としっかりと自覚してください。

そして、その恐れを抱えているインナーチャイルドに寄り添い、「そっか。嫌われるのは怖いよね。」と優しく受け入れてあげてほしいのです。

そんな風にしてご自分の気持ちとしっかり向き合った後に返信すれば、少しはまどろっこしさが削減されるのではないでしょうか?

インナーチャイルドが癒されてくると、周りの人への過度な恐れも少しずつ和らいでいきます。

人は意味もなく嫌われたり避けられたりしません。

そこにはちゃんと理由があるハズですので、逃げずに向き合ってみてくださいね。

もしよかったら、一緒にインナーチャイルドケアしましょう!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.