生きづらさを手放して自分と仲良く生きていく

わかったようなこと言われると腹が立つ ~呪いシリーズ~

  
dont_judge_me
\ この記事を共有 /
わかったようなこと言われると腹が立つ ~呪いシリーズ~

「はじめてのインナーチャイルドケアBOOK」でも解説しているとおり、生きづらさの理由は「偏った思考のクセ」です。(P6)
そして、偏った思考のクセの元になるのが「まちがった観念」です。(P17)

「観念」は別の言葉で、「スキーマ」や「コアビリーフ」などと言われ、あなたのインナーチャイルド(潜在意識)が頑なに信じていることです。
幼少期から知らず知らずのうちに刷り込まれてきた、周りの人たちからの「呪い」と言い換えることもできます。

今はまだ実感がないかもしれませんが、ちいさな頃にどんな言葉をかけられていたか、どんな風に扱われていたか、そんなことがおとなになってからのわたしたちに大きく大きく影響しているのです。
それはどんなに普通に育ったつもりでも。

かけられてしまった不幸の呪いを解くには、いったいどうしたらいいのでしょう?

  • 症状:わかったようなこと言われると腹が立つ
  • 呪い:人はわたしのことを勝手に決めつける

症状:わかったようなこと言われると腹が立つ

  • 「あなたって○○だよね。」と言われるとムカつく。
  • アドバイスを素直に受け入れられない。
  • 図星をつかれると否定したくなる。

素直じゃないなぁと思いつつ、他人が自分のことをわかったような口調で言うと、イラっときたりしますよね。

親しい間柄ならともかく、たいして深くかかわってない人に決めつけられたように言われると、たとえそれが図星でも否定したくなったりすることってありませんか?

言われたことをグッと飲み込んで我慢するタイプの人も、
顔にモロ出るけど言葉にしないタイプの人も、
ムキになって即座に否定するタイプの人もいますが、
どのタイプの方もサラッと受け流せずにしんどいのです。

わたしも仕事上お客さまに「Aさんは、○○なところがありますかね?」なんてお伝えすることもあるのですが、十分に関係構築ができていないと、人によっては明らかにムッとされるケースも(;´∀`) ごめんなさい。ぜんぜん悪気はないのです。 

呪い:人はわたしを決めつける

「あなたって○○だよね」という言葉に過剰反応してしまう人は、インナーチャイルドが「人はわたしのことを決めつける」の呪いにかかってしまっているんです。

子どもの頃、

  • 親から、「あなたは○○だから」などと決めつけたように言われていませんでしたか? 
    例:「あなたは頑固だから」「あなたは弱虫だから」「あなたはお人好しだから」「あなたはモノを大事にしないから」など
  • ひとりの人間として尊重されず、「子どもだからどうせわからない/できない」と思われているように感じていませんでしたか?
  • わかっていることで叱られたり、本当のことを言っても信じてもらえなかったりしませんでしたか?
  • 自分の大変さを過小評価されていませんでしたか?

ちいさなころに事実とちがうレッテルを貼られたり、ちゃんとわかっているのに子ども扱いされ続けたり、成長や変化しても認めてもらえなかったりするような屈辱的な経験を繰り返すと、子どもは「おとなたちって、わたしのこと何にもわかってないくせに勝手に決めつける」と思うようになります。(って勝手に決めつけられるのも嫌ですかね><)

そしてそのままおとなになると、「人は自分のことを勝手に決めつける」と思い込んでしまっているので、わかったようなことを言ってくる相手を「言わせとけ~」と受け流せず、歯を食いしばり唇をかむことになるのです。

子ども頃、むやみにレッテル貼られることなくしっかり話を聞いてもらえたり、尊重され、努力や変化をきちんと認めてもらっていた人たちは、おとなになってたとえ人から決めつけるように言われたとしても、「この人はそのように思うんだな」「この人の目にはそう映ってるんだな」と自分と他人をしっかり切り離して考えることができるので、そのことで必要以上に腹を立てたり、引きずったりすることはないのです。

決めつけたように言われて腹が立つとしょっちゅう思っている人は、子どものころに悔しい思いをたくさんしてきた人というわけです。

呪いを解くには

この苦しい呪いを解くには、「みんなが自分のことを決めつけるわけではない」ということを実感でき、決めつけてくる人には過剰反応しなくなればいいのですが、急に思考のクセを変えようと思ってもなかなかうまくはいかないものです。

呪いを解いて、決めつけを受け流せるようになるためにはまず、インナーチャイルドケアをします。

「Aさんって○○だよね」の言葉に過剰反応している自分に気づいて、それを受け入れ癒します。

「そっか。決めつけられたように感じて悔しかったんだね。わかったように言われるのが嫌なんだよね。」とインナーチャイルドの気持ちにしっかり寄り添って癒します。

インナーチャイルドが癒されてくると、到底受け入れられなかった「みんなが自分のことを決めつけるわけではない」がだんだんと理解できるようになっていき、決めつけてくる人にも過剰反応せずに済むようになっていきます。

潜在意識で握り締めている不幸の呪いを解くには、インナーチャイルドケアが必要なんです。

「Aさんって○○だよね」に過剰反応してしまうのは、幼いころに大好きなお母さんお父さんに自分のことをわかってもらえず、たくさん悔しい思いをしてきたからです。きっと。

そんな自分を「おとなげない」なんて責めずに、優しく包み込んであげてくださいね。

インナーチャイルドケアを詳しく学んでみたい人は、こちらへどうぞ。

インナーチャイルドケア入門講座

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©インナーチャイルドケア講座,2022All Rights Reserved.